· 

【絶対音感】正しい楽器選び

 

絶対音感を身につけるためには、楽器が必要となります。

 

3歳くらいまでのお子さんにピアノを買うのかしら?

とお思いになるかもしれません。

 

いえいえ、ご安心ください。

絶対音感を身につけるために

そんなに高価なピアノは必要ありません。

 

それでは、絶対音感のための正しい楽器選びについて

お伝えしましょう。

 

今は鍵盤楽器もたくさんの種類があります。

 

耳を育てる観点から見れば

小さい頃ほど、楽器を与えていただきたいと思います。

 

「楽器は高い」と思っていらっしゃるかもしれませんが

案外手軽にご購入いただける価格になっています。

 

 

おもちゃの鍵盤も1万円近いものもありますから

あと少しプラスするだけで正しい音源の楽器が

手に入ります。

 

 

実は絶対音感のレッスンをピアノで行いたい方は

こまめな調律を覚悟してください。

 

というのも、ピアノはすぐ音が狂ってしまいます。

 

ピアノを購入して動かすと

2年くらいは音が安定しません。

 

地震があっても狂ってしまうんですよ。

 

とっても繊細なんですびっくり

 

 

ですから電子キーボードや電子ピアノの方が

小さいお子さんにはオススメです。

 

ママのピアノがあるから♪

 

と思ってもずっと調律をしていなければ

すぐ狂ってしまいます。

 

調律代を考えるとアップライトなら

調律2回分でキーボードが買えると思いますよ音譜

 

メーカーはいろいろありますが

YAMAHAさんなら安心です。

 

メーカーさんによっては音源がおや?と

いうのもあります。

 

 

 

 YAMAHAのHP   ピアノ・電子ピアノ

 

おもちゃのピアノ(玩具) 〜1万円くらい


音楽を好きになってもらいたい、早く鍵盤に触れさせたいからと

おもちゃのピアノや鍵盤を持っていらっしゃる方も多いと思います。

子どもたちも弾いたり、歌ったり楽しそうです。

 

鍵盤に触れる、慣れる、弾いている気分になれるという

子どもたちが楽しむ目的で作られたおもちゃですので

音は残念ながら正しい音ではありません。

 

音を覚える目的には使わないようにしましょう。

 

 

電子キーボード 2万円くらい〜


キーボードとは、スタンドやテーブルなどに乗せて

弾くタイプのものです。

 

キーボードの良さは、場所を選ばないところです。

弾くときだけ、ダイニングテーブルに乗せて

使うこともできます。

 

使わないときは、壁に立てかけておけば

場所もとりません。

 

小さなお子さんにおもちゃを与えるなら

耳のためにもキーボードを与えてあげて

ほしいです。

 

 

お子さんの絶対音感をつけるためだけに購入したいなら

価格2万円弱の61鍵盤のキーボードがあります。

 

78鍵盤キーボードでしたら価格は3万円弱となります。

 

お母さまが曲を弾きたいという方は

ピアノと同じ88鍵盤のキーボードで約5万円です。

 

詳しくはYAMAHAのHPをご覧下さい。

 

 

 

電子ピアノ 8万円くらい〜


 

将来的にピアノを習わせたいとお考えの方は

電子ピアノが良いでしょう。

 

ただ、ピアノ教室の先生によって最初から「ピアノをお買い求めください」

と仰る先生もいらっしゃいますので

ピアノを習われるときの体験レッスンで

先生にお伺いするとよいでしょう。

 

今は住宅環境の変化で、マンションにお住まいの方も多いですから

楽器にこだわらない先生も多いですよ。

 

アップライトピアノ・グランドピアノ 30万円くらい〜


 

将来的にピアノを習わせたいとお考えの方で

音の問題などが安心な環境でしたら

ピアノが良いでしょう。

 

ただ、ピアノで絶対音感をつける場合は

調律が必要となります。

 

ピアノは繊細な楽器ですので

振動、湿気、乾燥などで音が狂います。

 

クリアな音は1ヶ月保たないので

こまめな調律が必要です。

 

ピアノを新しくお買い求めいただいた場合

2〜3年は音が落ち着かず狂いやすいので

年に3〜4回は調律をしたいものです。

 

アップライトの調律代2回分くらいで

キーボードが購入できてしまいますので

絶対音感用のキーボード、演奏はピアノと

目的別にお持ちになると良いかもしれません。

 

 

楽器選びの参考になったでしょうか。

 

ご家庭の住宅環境や目的によって

楽器をお選びになってください。