子育て

子育ては目先のことだけを考えると 間違った方向へ行きがちです。 正しいとかではなく、成長することを 考えていきましょう。

私の仕事は、社会で役立つ人に育てるために 大きくなると身につけられない感覚を 幼少期からの時間を使って 無理せず身につけていく方法をお伝えすることです。 その一つに能力を高める「絶対音感」があるわけですが やはりどんな良い能力を身につけても それを活かすためにはその人の「考え方」が とても重要になってきます。 勉強が学年トップでも...

ご存知ですか? おかあさんが伝えたいことの 98%が通じていません。 男の子が何度も同じことを言わせるのは お母さんの声の高さが原因と いうことは著書にも書きました。 それだけではないんです。 実は声の高さでうっとおしくなる上に 無駄な言葉が多すぎて お母さんが本当に伝えたいことが 伝わっていないのです。 えーーーーーーーーーーーーーーーーー...

「絶対音感 X 子育て」でお母さんの心に 気づきを与える絶対音感コーチ鬼頭です。 毎日見ていると見えなくなるものの1つに 部屋の散らかりがあります。 例えばママ友の家へ遊びに行ったとき 「綺麗にしてる」 この場合は口に出して褒めますが 「ごっちゃごちゃ!  まだうちの方が綺麗だわ」 こう思った場合は 心にとどめておかないと...

親は子どものやる事が見ていられず 心配したり、「◯◯になるよ」と言ってみたりします。
入園前のお子さんのお母様が 「最近、反抗期で・・・・」という ご相談を頂くことがよくあります。 このお悩み、実はお母様がお子さんの成長に気づいていないことで起こっています。